前回の記事はこちら

「あぁ…あぁ……あっ…あっ…ううううううー……あっ…」

なんて声出しちゃうんだから余計に可愛くなっちゃった!

わざとジュポジュポ音をたててペロペロしてあげたら

 

「あぁ……もぅ…我慢できないよぉ…」

とかいうのがまたかわいい!

そのまま馬乗りになって座位で突入。

 

腰をゆっくりローリングしたり上下に浅く入れたり、奥深くまで挿入したり、西島くんの固くて直進されたきれいなあそこが私のGに接触して最高!

ズリュ、ズリュ、グチョ、グチョと恥ずかしくなる音をたてて気がおかしくなりそうなくらい気持ちくなる!

自然に腰がめちゃくしゃと動いて頭の中がヘブン状態!

私がいってしまうとあそこがぎゅーっと締め付けられるらしく、

その度に西島くんが

「あぁ…引き締まる……中が動いてる…気持ちいいい……」

と叫び出す。

 

私もそれを感じると子宮がキュンときてグチョグチョにお汁でびっしょりになってしまった。

何度も逝っちゃってヘトヘトになってしまった私をお姫さまだっこしながらベッドまで連れて行く西島くん。

舌をからませて烈々なチューしながら、待ってましたとばかりに正常位で入れてくる西島くん。

 

ゆっくりと壁のざらざらを楽しむようなゆっくりとした動きに我慢できなくなりしがみつく。

西島くんまーた逝きそうになったのね。

次は足を絡めて来て松葉崩しに。

 

Gに接触してすごい勢いでお汁がどんどん溢れる。

「あぁ……だめ…だめ…出るぅうーー!

この辺からいきすぎてあんまり覚えてなくて……。

でも気にしないで西島くんは態勢をそのままに状態を起こし、私のGに突入するように激しくピストンしてくる。

私はスパーク状態!

あまりの勢いに自分で潮吹いたことすらわからないで、いきっぱなしになってしまいました。

 

したらそんな私を見て「マリコちゃん可愛いね」

なんだかキュンとして、挿入したままキスの連発。

最後は西島くんから

 

「ああ…最高に気持ちいい……逝っちゃっていい?」

と言われ、

「私も逝っちゃいそう……同時に行こう…」

と返事が。

 

そして西島くんがより激しくピストン開始!

「あぁっ……気持ちいいいっ…!逝きそう…ああぁ!」

 

最後はGに当たる体位で二人一緒にいってしまいました。

しばらく目を開けることもままならない状態で放心。

余韻に浸ってまったりしていました。

 

その間も西島くんはキスを行って来たり、乳首を舐めまわしてきたりしてまだまだ濡れてしまい、またやりたくなっちゃいました。

明後日逢う約束して今日は解散しました(^3^)/

 

thumb2 (12)

 

 

今すぐ出会いが欲しい

コメントは受け付けていません。