前回の記事はこちら

 

ミニのタイトはその状態の黒ストとパンティを一緒に剥ぎ取った。

 

それだけで女の香りがして鼻がしびれて、興奮した。

私はぱっくり割れた女の生命をじっと確認した。

 

「はずかしい、なんとかして。」

「なんとかって、何が?」と私はごまかした。

「舐めるとか、いれるとか、よ。」

 

私は意地悪してまんこの周りに舌を利用した。

 

「うっ、やっ、ああっ」と熟女は興奮していた。

「あれから旦那とやったの?」

 

「やってない、あっ」

「本当に?」

「本当だよ、あんっ」

 

私は熟女の亀裂を舌先で”ペロッ”と舐めた。

 

「あああっ、だめっ、ああっああ…」

 

とのけぞった熟女に私は遠慮なく舌を駆使する。

邪魔になったタイトスカートを脱がせて、上も脱がせブラも取り、乳房をなでなでする。

 

念入りな愛撫を指、舌を利用して行った。

熟女はもうしきりに要求した。

 

「いくのか?」

 

「そんなに舌を使っちゃ、だめになるかも。きてぇぇぇーー!」

「まだまだ!」実は私のペニスもはち切れそうになった。

 

「貴方のあそこを入れて、お願いっ」

ズン!いきなり私は位置を決めて突入した。

 

熟女のどん底に一気にぶち込んだのである。

「うっ……ああああああっ…」

 

それだけで熟女は

「いくっ!」

 

と叫び、あとは「い…いくっ…」

と叫んでいた。

 

「貴方、何やっているの。情熱的で、バリバリで。とっても最高。」

私は遠慮なく出没運動を継続した。

 

「あんっ…」

「貴方、いってぇえええええ!」

 

私はまだ射精するつもりはなかった、「中に出して私の女にするよ。いいか。」

「いいわ、あなたの女になる。私はあなたの女。逝って、たくさんお願いっ!」

発狂しだす彼女。

 

私はラストスパートに入った。

「よし、いくよ!」

「いくよ。出すよ。受け止めてくれーーーーーーーーー。」

「いいよ、出してぇ、お願いっ!」

「うぅっ!俺の女になれ!」

 

私は背中が硬直し、熟女のまんこの中でラストの一突きで留めておいた精液を発射した。

 

どっかあああああああああああああん、凄まじい勢いで発射。

 

「あなたっ、愛してるわあああああああああああああ」と熟女。

 

終了して、私の胸で横になる熟女に

「俺の女になる、本当に?」

「私を抱く貴方は素敵だわ。貴方の女になります。」

 

その後少し休憩し、時間を先延ばしにして私はまた熟女に挑戦した。

熟女の名前は優子だ。

 

私のペニスをまんこにくわえた状態で「優子、どうだ。調子は」

「いいいいいいだめ、・・・はうっっ」

と完璧に固まっていた。

 

私もラストを出す為に踏ん張る。

「優子いくぞおおおおお」

 

熟女優子は完全にノックアウトで返答がなかった。

服を着て帰宅する際に名残惜しそうにキス連発。

 

股間に手をやりスリスリしてやった。

「ああ、また抱いてほしいっ。」

優子は完全に私の物になっていた。

 

tumblr_nm9kjkBxbp1u8m4aeo5_1280

 

 

今すぐ出会いが欲しい

コメントは受け付けていません。