熟女ほどエロいと感じるものないのではなかろうか。

 

あの抱き心地は一回でも体験した事ある人なら理解してもらえると思う。

先日の夜、例の出会い系で知り合った48歳の熟女と出会った。

最初のセックスから一週間たった後だった。

 

初めて抱いた後、私はメールで中出しをお願いした。

熟女をその気に持って行くため、気持ち悪いくらいの言葉を駆使して。

熟女は私の言葉に落ちた。

 

生理が近いが落ちた理由だと感じるが、私の熱意にほだされたからかもしれないが。

「好きな女を生で体験した。」

これがラストの落とし言葉。

「これほど情熱的に口説かれてしまったら。生理も近いし良いよ。」

 

私は「お互いいやらしく、すごくやりあいたいね。禁欲していっぱい溜めて、いっぱい放出するからね。」

「うわーっ、エローい笑」

とメールでの返事が来た。

 

会ったのは前回と一緒の互いの中間のところ。

ラブホは一緒ところをチョイスした。

部屋も一緒の場所が空いていた。

 

彼女はミニのタイトスカートを用意していた。

ストッキングは私好みのグレー。

 

私の目は彼女の下半身にすごく興奮してしまった。

変な表し方だが目が“まんこ目”になっていたと感じる。

抱擁してキスした。

 

tumblr_nm9kjkBxbp1u8m4aeo8_540

彼女も積極的に舌を駆使してきた。

その状態でベッドに押し倒すと、「待って、焦らないで。時間はたくさんあるから。風呂に入らせて。」

 

「じゃあ、一緒に入ろう。」と私。

 

「いやっ、一人で入る。待機して。」

彼女は風呂から上がり私は少し驚いた。

 

彼女は服を着ていた。

「え、服なんか着てどうしたの。」

「貴方、私の服を脱がせたいんじゃない?今日会った時から知ってたわ。」

 

熟女は理解していた。

ベッドに着席して濃厚なキス。

そしてベッドに倒してスカートの中に手を入れる。

 

ざらついた黒ストの感触がたまらない。

そこは現段階で濡れていた。

 

「濡れているよ。」

「ああ、待ちきれなかった。」

 

続きを読む

 

今すぐ出会いが欲しい

コメントは受け付けていません。