前回の記事はこちら

そう言って私たちは簡単にバスタオルで体を拭き、ベットへと向かいました。

 

ベットに腰を下ろし、私は彼女に覆い被さるかのように、彼女を仰向けに寝かせてもう一度キスを開始。

とろけるような舌触りの中で、私のおちんちんは徐々に成長してきました。

舌を絡ませながら、お互いの唾液の味をあじわいつつ、濃厚なキスを繰り返しました。

 

私は左手を彼女の胸に持って行き、先ほどのバスルームの時にように乳首を指で摘んで愛撫してあげました。

「はぁぁ……ん…」

優しい彼女の喘ぎ声が漏れ、私のボルテージは少しずつ上昇していきます。

彼女の体を飢えた獲物が食べるかの様に乳首に舌を這わせて愛撫を行います。

「あぁんーいいぃーー」

 

「乳首、舐められるの大丈夫?」

 

「う・・・ん、すごくいい・・・」

そういって私は乳首を唇で挟み、ゆらゆらと揺さぶってあげました。

また、乳首の回りを舌先で軽く触れる程度になめてあげたり、舌先で乳首をつんつんしてみたり、時には舌先で乳首を跳

ね上げるようにペロッとしてあげました。

 

彼女も限界に来たようで理性を保っていられなくなり、性に飢えた動物みたいに変わっていきました。

彼女が自ら私のおちんちんを握り、愛撫を開始します。

 

「あぁいいよ。おちんちん大好物なのね!」

 

「うん、凄く好きなの」

 

「いいんだよ。それが、もっとエッチになって…」

 

tumblr_nm9kp5yOjg1u8m4aeo4_500

「あぁー、、メチャクチャになりそう…」

そういって彼女は私のトランクスを下にして、生のおちんちんを触れてきます。

体が引っ付いてるせいか、手を動作させにくかったみたいで、それでもおちんちんを上下に動かしてくれます。

 

「口に入れてくれる?」

 

「いいよ!」

そういって彼女は私の股の部分へと向かって、仰向けになっている私に対し、上目遣いで私を見ながら舐めてくれます。

 

「んぐっ、、んぐっ、、」

 

「美味い?」

 

「うん、凄く美味しい! 先からもう汁が出まくってるよ。(笑)」

 

「お前もじゃん!(笑)」

 

そう言いながら彼女は口を窄めて、時には玉の部分をバキュームしてくれました。

 

「今度は俺が舐めてやる! クンニされるの好き?」

 

「え、舐めてくれるの?」

 

「いいよ! 俺、クンニするの、大好きだから!」

そう言って私は既に濡れているおま●こに顔をうずくめ、その愛液を味わうように舌で掬ってあげました。

 

たまにクリトリスに舌が引っかかるように全体を舌で舐め上げ、その味を堪能していました。

そしてクリトリスを舌で触るように舐めたり、舌先で転がすようにペロペロしたり、彼女の喘ぎ声は悲鳴へと変貌していきます。

 

「あ゛ぁーーーーーー!」

 

「クリトリスがいいんだね!?」

「あぁぁぁぁぁぁぁ、、、くぅっーーーーーーーーーーー」

続きはこちらから

今すぐ出会いが欲しい

コメントは受け付けていません。