こないだ、インターネットで出会った女性とのエッチの話をします。

その女性は、とある企業の研究に携わっている女性で、出会う前までは「かなりインテリの女性だろうな。
もしかしたら牛乳瓶のふたの様なめがねしてたりするのかな?」

 

等と、健全な女性をイメージしていました。

 

でもいやらしいサイト(出会い系サイト)で出会った女性でしたから、真剣に言うと会うまでは非常に心配でした。

でも実際あってみたら何処にでもいる、一般の女性でした。

めっちゃキレイとか、すごく可愛い、そういう人ではありませんでしたが、それなりに一般の女性でした。

 

集合場所は上野の丸井の正面入り口。

40分くらいして予め連絡しておいた携帯電話にコールが来ました。

 

「遅れてしまいすいません。仕事が全然終わらなくて。」

 

「いいよ! 今どこにいる?」

 

「丸井の正面入り口の公衆電話から電話かけてるの。」

 

「じゃ、直ぐにそこ向かうから、このままの状態でいて」

そういいながら、公衆電話のあるところに歩いていき、やっと彼女と会う事が出来ました。

 

「じゃ、これから何する? どっか行く?」

 

「何でもいいですよ。」

 

「でも今日は暑かったから お酒少し飲みたい!」

 

「うん!」

 

「じゃ、ホテル行って、部屋でゆっくり飲もう!」

 

「うん!」

 

そういって、隣りの鶯谷の駅まで電車で向かいました。

鶯谷は駅から降りるとホテルに行くカップルがたくさんいて、私たちもその中に紛れ込むかのようにホテルへと向かっていきました。

部屋に到着するなり冷蔵庫を開いてビールを出して、二人で飲むことに。

 

「お疲れさま!」

 

「仕事忙しかったんだね! 無理せんでよかったのに」

 

「ううん、そこは約束してたから、頑張ってきたの!」

 

と彼女はちょっと頬を赤らめて返事をした。

 

「じゃ、お風呂に入ろうか!」

 

「うん。」

 

「じゃ、俺が先に入るから、後で来てね」

 

「はーい。」

 

そうして私は会社帰りだったので、Yシャツをその場で脱ぎ、バスルームへ向かいました。

 

「おーい。まだ来ないの?」

 

「今行きます!!」

 

しばらくして彼女はバスルームにきました。

バスルームで互いの体をキレイに洗い、私が彼女の背中を洗っている時にムラムラしてしまい、後ろから彼女の胸を触れて、彼女は後ろへ振り返るように顔を寄せて、キスをしました。

舌を絡ませながらキスを行い、私は彼女の乳首を指で摘むようにして愛撫してあげました。

tumblr_nm9kp5yOjg1u8m4aeo7_540

 

「あぁん・・・。」

 

「ごめん・・・」

 

「私も、凄くしたかった・・・」

 

「続きはベットに行ってからだね!」

 

「うん・・・」

 

続きを読む

今すぐ出会いが欲しい

コメントは受け付けていません。