年齢は30代で登録した。

 

ちゃんとした年齢は公開しないようにしている。

結婚はまだしてないし彼がいる感じでもない。

登録したサイトで色白な20代前半の瑛太からメールが来た。

 

10歳年齢を勘違いしたんじゃ……?

聞いてみたら、「熟女が好きなんで」 ときた。

チャットしてみたりメールしてみたりを一か月くらいやってみた。

写メ交換後も、とりあえずお互いテンションは下がることは無かった。

私が関西に行く仕事があったので、そのついでに会ってみることに。

 

事前情報としては、一度熟女 (40歳以上) 相手に童貞喪失を体験してみるも不発に終わり、彼女も出来たことがないため彼はド童貞。

初めての女が私でいいのかな?

 

でも関西にはたまに行くため、気と体と時間が一致すれば遠距離のお友達になれるか。

予約を取ったホテル内で待ち合わせ。

到着したという連絡を受け取りエレベーターで降りていき、ドアが開いたら目の前に彼はいた。

色白で細い。

 

この後部屋に行くか聞いてみたら「いいんですか」と返答。

「すげー。女のにおいがする…」

とクンクンにおいを嗅ぎ。

窓の外を眺めていたら、後ろから大きく振りかぶった抱擁。

おお。

良い感じ良い感じ。

口封じにキス。

 

 

うん、ソフトで心地いい。

しばらく感触を味わう事に。

でも瑛太はやたらあっちこっち乱暴に触れてくる。

もうちょっと優しくっていうと、「20代の性欲はこんなんだよ」

ってもう…。

 

 

流れを、風呂に持って行くことに。

座らせて全部服を脱がせてもらうと「立って…」

と言われたから立ち上がると、そのまま頭から首を持たれてのキス。

うん、キスいい感じ……

お風呂でチ○コにご対面。

「じゃなくて口に出すのは嫌」

まあいいけど。

「はぁん…ああん」

 

 

私は気分が高まり、亀頭をペロペロペロペローー

「抜けるっううう」って声とともに胸に発射オーライ。

たっぷり出してくれたのでお掃除フェラでもしてあげなきゃね。

復活を期待するも

「ごめん俺1回発射すると…」

とか言われたからふて寝。

 

 

そして夜中に起きて改めて戦闘開始…

やっぱり触り方がひどいっ…

とにかくマ○コに執着するも、気持ちいいところを言ってあげてもその通りにするわけでもなく、指を入れるのがお気に入りの様子。

 

0908803s

 

私に何の断りもなく生で入れてる。

ちょ!!それは一番やっちゃいけない事よ!

しかし瑛太は無視して「あ、そうか。これが入れてるって感覚だ。」

 

 

とゴムを再装着→なかなかいいところに当たるが、そこは童貞→みこすり半終了。

帰宅の時に「じゃあ」と手を広げてきたので 楽しかった♪ と、最後言ってあげる。

瑛太がドア越しに、優しい投げキスを投げてきて終了したのだった。

今すぐ出会いが欲しい

コメントは受け付けていません。